NEVERLAND TOKYO

ART TECHNOLOGY & SPORTS

群衆

都市型アートテクノロジー

スポーツ空間

最新映像技術とクリエイターによる制作技術の相乗効果でデジタルアート映像の世界の中での新しい遊びを提案していきます。

疑似森林体験・臨場感あふれるCGによるデジタルアート体験・ダイナミックに身体を動かし、アート&スポーツ空間の新体験!
 

多くのお客様を迎えるための最新のエンターテインメントを提案し、デジタルアート&スポーツの拠点を創出します。

 

アートテクノロジー&スポーツ空間施設を創造します

IMAGINATIVE CLIMBING 

最も人気のあるスポーツカテゴリーとして注目されているボルタリング。
リアルに、より魅力的に、チャレンジする人々の勇気を奮い立たせるため、固定概念を超えたプロジェクターによるデジタル映像とLighting systemを利用し、時には木登り、時には岩登りと非現実的な世界観を体験します。

TRAMPOLINE​

トランポリンエリアには、プロジェクションマッピングを取り入れ遊技者のタイミングに合わせて、水しぶきや波を作り出します。
映像背景の空間で遊技者は、全身を使いトランポリンでジャンプする喜びを味わい、時には水しぶきの波音に合わせタイミングよくジャンプして、思い切り遊びを楽しみます。

WALKING ON THE SKY

ロープで吊られる多数のブランコは最も人気になるエリアの一つになります。

空中にロープで吊られる多数のブランコは、映像効果を加え、時には海、時には綱渡りを体験できるエリア。
こちらのエリアは遊戯者がブランコを渡る際につなぐハーネスでブランコを固定する。時にはバランスを保つため、腕の力で支えるエリア。

空中に固定するため、デジタルアート映像と風のような効果的なサウンドで、リアルな緊張感を感じながら空中散歩を楽しめます。

コンサートでの群集

THE SOUND FLOOR

次世代技術で臨場感をリードする。軽快なクリックサウンドフロアが生み出すLEDサウンドトリックアート。

自らのタイミングで、好きなサウンドを見つけ、走りながらオリジナルなサウンドをつくり上げる喜びを味わう。

新しいアドベンチャーのプラットフォーム

 

代表者経歴

王健(株式会社エスエフジーエージェンシー 代表取締役)

1994年、来日。

NHK幼児番組「えいごであそぼ」(1999 - 2000年度)番組にてデビュー、「えいごであそぼ」番組の体操のお兄さんを務め、卒業後NHK BSライブ番組に準レギュラーとして参加。

舞台表現者として得意の身体技を生かし、ブロードウェイミュージカル、歌舞伎、演劇舞台などに出演。

2003年、TBSの筋肉番付の舞台版「筋肉ミュージカル」に参加し、計23部の作品に出演・制作に参加。

2009年、吉本興業のなんばグランド花月劇場で年間レギュラー出演。

2013年、現役引退後、株式会社エスエフジーエージェンシーを創立。代表取締役を勤める。
「究極のヒーローは誰だ!サバイバルアタック新スポーツエンターテインメントKUROOVI」海外事業制作、NHK幼児教育番組の演出などを務めている。

制作・構成:株式会社エスエフジーエージェンシー

〒220-0012

神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-2 横浜ブルーアベニュー12階

協力会社募集

株式会社エスエフジーエージェンシーでは、NEVERLAND TOKYO創設にあたり協力会社を募集しております。

​ご興味のある会社様は以下のボタンよりお問合せください。